HOME > 見直したい高齢者の生活習慣 > 高齢者の生活習慣病についての基礎知識

高齢者の生活習慣病についての基礎知識

生活習慣病とは食事や運動、喫煙・飲酒など日常生活の習慣によって
発病や進行を進める病気をいいます。
代表的な生活習慣病に高血圧・脂質異常症・肥満・糖尿病などがあり
高齢者の生活習慣病は増加傾向にあります。

生活習慣病が増加している原因は様々あると思いますが、
食生活が豊かになったことが挙げられるのではないでしょうか。

食事の欧米化にともないお肉などカロリーや脂肪分の高い食品を
日常的に摂ることが多くなりました。
また、専業主婦が減り、社会に出て働く女性が増えたことで
食事を外食やコンビニなどに頼る人も増加し
健康を考えた食事を取ることが少なくなっているように思います。

生活習慣病はその名の通り、
生活習慣を変えない限り予防・改善の見込めない病気です。
まずは毎日の食事を改善することから、健康を目指してみませんか。

動脈硬化は症状の悪化に気づきにくく、知らない間に命に関わる病気を引き起こす事も。食物繊維をたくさん食べて毎日の生活習慣を見直すことで動脈硬化を予防・改善することができます。

・・・つづきはこちら

高血圧は中年以降に増加するため、自覚症状がなくても時々血圧計でチェックし早めに対処しましょう。塩分の摂り過ぎは厳禁なので、塩分を控えた薄味のお食事に変えてください。

・・・つづきはこちら

高脂血症とは血液中の脂質の量が異常な数値を示している状態をいい、脳梗塞や心筋梗塞の発作を起こす場合もあります。毎日の生活に運動や食事療法を取り入れていただくことをお勧めします。

・・・つづきはこちら

糖尿病の症状には、口渇・多飲・多尿、昏睡などが。合併症が悪化すると足の切断も。糖尿病を防ぐには、規則的な三度の食事、沢山の野菜の摂取など、栄養バランスの取れた食事が大切に。

・・・つづきはこちら

脳梗塞は脳の血管が詰まり、血液の流れを止めてしまいその先の脳細胞が死んでしまう病気です。しびれや麻痺が症状として見られ、すぐに病院にかかることがその後の回復に重要とされています。

・・・つづきはこちら

心筋梗塞は、動脈硬化や血栓ができて冠動脈が詰まり、心筋に血液が流れなくなる病気です。強い胸の痛み、呼吸困難などの症状が見られ、前兆がなく突然起こる急性心筋梗塞があります。

・・・つづきはこちら

高齢者になると、筋力やバランス機能等の運動能力が低下し、日常生活にも支障をきたします。高齢者の筋力アップには、座っているだけでいい、バランスボールを使った運動がお勧めです。

・・・つづきはこちら

ハイキングは高齢者でも楽しめます。無理のないコースと行程を選択し、日頃から体力作りをします。また、高齢者でも登山も出来ますが、事故率が高いので、しっかりした計画を立てましょう。

・・・つづきはこちら

ヨガとは、古代インド発祥の修行法です。ヨガは最近では日本でも高齢者の健康作りの一環として注目されています。ヨガは、安全に生活の中で無理なく続けられ、高齢者にお勧めです。

・・・つづきはこちら

高齢者の3割は低栄養といわれ、ガンなどの大病を引き起こす危険性もあります。低栄養の大きな原因には若い頃からの食習慣や、高齢者のみの孤食、感覚機能の低下、咀嚼などがあげられます。

・・・つづきはこちら

病気や手術後、高齢者だけの暮らし、一人暮らしの場合は低栄養になりやすいと言われます。お粥だけ食べるという高齢者もいますが、卵やほうれん草を加えるだけで簡単に栄養価がアップします。

・・・つづきはこちら

高齢になると、運動不足となり老化に加速がかかります。 いきなり運動を始めても、腰やひざなどに負担がかかり、 転倒やケガの原因にもなります。 ウォーキングは、手軽で安全な有酸素運動です。

・・・つづきはこちら

高齢者にお勧めのストレッチは「ADL対応型高齢者体操」というものです。 このストレッチは、体力が衰えている人、疲れやすい人、 横になりがちな人でも無理なく行うことができます。

・・・つづきはこちら

高齢者の筋トレは、小さい負荷で安全に トレーニングをする必要があります。 転倒に大きく関与する筋力を強化するには、 「階段の上り降り」や「踏み台昇降」「スクワット」がお勧めです。

・・・つづきはこちら

水泳は、高齢者の腰痛やひざ痛対策、運動不足解消に有効です。適度な負担で筋肉を鍛え、有酸素運動で心機能を向上させます。高齢者に適した泳法の指導を受けることが大切です。

・・・つづきはこちら

歌うことは、脳を強力に活性化し、社会的なコミュニケーション手段にもなります。声を出すと胸郭が開き、心肺機能が鍛えられます。歌は、自分を取り戻すパワーに満ちています。

・・・つづきはこちら

ゲートボールは“高齢者のスポーツ”の代名詞的存在ですが、競技人口は激減。意地悪いルールや排他的な体質がその一因ですが、頭脳9割と言われるほど頭を使う、高齢者向きの競技です。

・・・つづきはこちら

メタボリックシンドロームは、肥満と高血圧、高血糖、脂質異常症の2つ以上が重複した状態で、心筋梗塞、脳卒中の原因になります。対策は生活習慣を改善し内臓脂肪を減らすことです。

・・・つづきはこちら

狭心症は、冠動脈の内側にコレステロールがたまり、血流が悪化して胸の痛みや圧迫感が現われる症状です。近年はカテーテル治療も進歩し、高齢者にも有効な治療成績を上げています。

・・・つづきはこちら

食道ガンの原因は、喫煙、飲酒、熱い飲食物や刺激物など。生活習慣の改善が予防になります。検査は内視鏡やX線CT、超音波内視鏡、PETなどで、進行具合で最適な治療方法が選択されます。

・・・つづきはこちら

胃がんの原因は様々ですが、食生活や生活習慣を改善していくことが大切です。食事は塩分の過剰摂取は控え、野菜や果物の摂取を増やすことに寄って、 がんの抑制力が上がるといわれています。

・・・つづきはこちら

大腸癌は高カロリーで高脂肪の豊かな食生活が原因といわれています。食事は、野菜や魚を中心にカルシウム、食物繊維、 ビタミンDを多く摂取し、適度に日に当たることが、有効とされています。

・・・つづきはこちら

膵臓ガンは生活習慣が大きく関わってきます。高カロリーや高タンパクな食べ物、ビタミン不足、コーヒーの飲み過ぎ、喫煙などは注意が必要です。栄養バランスの取れた食生活が大切です。

・・・つづきはこちら

ライフスタイルや食生活の欧米化、肥満、糖尿病、高血圧、喫煙、過度の飲酒、ストレスなども卵巣がんの原因となります。 卵巣がんを予防するには、食事や運動などの生活習慣の改善が一番です。

・・・つづきはこちら

乳がんは女性ホルモンと関係があるので、適切な食事を摂り、栄養を摂り過ぎている肥満傾向の方は、乳がんのリスクが高くなるので、低カロリーのものを選んで食べましょう。

・・・つづきはこちら

前立腺がんの原因は加齢などですが、予防として、食習慣を見直す必要があります。高温加熱で調理した肉、乳製品、揚げ物を多く食べている人は、 前立腺がんになる可能性が高いようです。

・・・つづきはこちら

痛風は尿酸の結晶が血液の中で固まってしまい、指先などに痛みを生じたり腫れ上がってしまう生活習慣病の一種です。誰にでも起こりうる生活習慣病の特徴について解説していきます。

・・・つづきはこちら

骨粗しょう症とは、加齢によって起こる原発性骨粗しょう症と、病気や薬などの影響で起こる続発性骨粗しょう症の2種類があると言われています。そんな生活習慣病の1つ、骨粗しょう症の特徴を解説します。

・・・つづきはこちら

胆石症は肝臓やすい臓に胆石ができ、痛みを伴う生活習慣病の一種です。日頃の食生活を改善することで胆石症は予防できます。野菜や魚介類を中心にバランスよく摂取するよう心掛けましょう。

・・・つづきはこちら

胃潰瘍は日本人になりやすい生活習慣病の1つと言われています。 日本人が好む食事は塩分を過剰に摂取するもので、知らず知らずの間に胃潰瘍の原因を作ってしまっているのです。

・・・つづきはこちら

貧血は食生活が不規則であったり偏りがちになってしまうと鉄が不足し、血液中に必要な成分が分泌されなくなります。正しい対策を知り健康的な身体づくりを心掛けましょう。

・・・つづきはこちら

生活習慣病には歯周病も含まれます。歯周病を予防するためには、唾液をたくさん出すことが必要です。そのためには、噛み応えのある食材、繊維を多く含む食材を選んで食べるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

慢性閉塞性肺疾患は、肺への空気の流れが悪くなる病気です。主な症状は息切れで、原因はタバコなどの有害物質を吸い込むことです。早期発見、早期治療によって進行を遅らせるようにしましょう。

・・・つづきはこちら

脂肪肝とは肝臓に脂肪がつき、その機能が低下することです。国民の三人に1人がこの病気で、原因は肥満やアルコールの摂取などです。食事の量を減らし軽い有酸素運動が必要です。

・・・つづきはこちら

不整脈は主に、加齢によって引き起こされます。頻脈、徐脈、期外収縮と言った症状があります。予防のためには砂糖やカフェインをさけ、ビタミンAをより多く摂取するようにしましょう。

・・・つづきはこちら

アルコール肝炎は脂肪肝から始まります。アルコールを摂取しすぎると、肝臓内の酵素の働きが活発になり、肝細胞の変性や壊死につながります。鉄分を控えた食事が必要です。

・・・つづきはこちら

水泳は、高齢者の腰痛やひざ痛対策、運動不足解消に有効です。適度な負担で筋肉を鍛え、有酸素運動で心機能を向上させます。高齢者に適した泳法の指導を受けることが大切です。

・・・つづきはこちら

歌うことは、脳を強力に活性化し、社会的なコミュニケーション手段にもなります。声を出すと胸郭が開き、心肺機能が鍛えられます。歌は、自分を取り戻すパワーに満ちています。

・・・つづきはこちら

ゲートボールは“高齢者のスポーツ”の代名詞的存在ですが、競技人口は激減。意地悪いルールや排他的な体質がその一因ですが、頭脳9割と言われるほど頭を使う、高齢者向きの競技です。

・・・つづきはこちら

メタボリックシンドロームは、肥満と高血圧、高血糖、脂質異常症の2つ以上が重複した状態で、心筋梗塞、脳卒中の原因になります。対策は生活習慣を改善し内臓脂肪を減らすことです。

・・・つづきはこちら

狭心症は、冠動脈の内側にコレステロールがたまり、血流が悪化して胸の痛みや圧迫感が現われる症状です。近年はカテーテル治療も進歩し、高齢者にも有効な治療成績を上げています。

・・・つづきはこちら

食道ガンの原因は、喫煙、飲酒、熱い飲食物や刺激物など。生活習慣の改善が予防になります。検査は内視鏡やX線CT、超音波内視鏡、PETなどで、進行具合で最適な治療方法が選択されます。

・・・つづきはこちら

胃がんの原因は様々ですが、 食生活や生活習慣を改善していくことが大切です。 食事は塩分の過剰摂取は控え、野菜や果物の摂取を増やすことに寄って、 がんの抑制力が上がるといわれています。

・・・つづきはこちら

大腸癌は高カロリーで高脂肪の豊かな食生活 が原因といわれています。 食事は、野菜や魚を中心にカルシウム、食物繊維、 ビタミンDを多く摂取し、適度に日に当たることが、 有効とされています。

・・・つづきはこちら

膵臓ガンは生活習慣が大きく関わってきます。 高カロリーや高タンパクな食べ物、ビタミン不足、 コーヒーの飲み過ぎ、喫煙などは注意が必要です。 栄養バランスの取れた食生活が大切です。

・・・つづきはこちら

ライフスタイルや食生活の欧米化、肥満、糖尿病、高血圧、 喫煙、過度の飲酒、ストレスなども卵巣がんの原因となります。 卵巣がんを予防するには、 食事や運動などの生活習慣の改善が一番です。

・・・つづきはこちら

乳がんは女性ホルモンと関係があるので、 適切な食事を摂り、栄養を摂り過ぎている肥満傾向の方は、 乳がんのリスクが高くなるので、低カロリーのものを選んで食べましょう。

・・・つづきはこちら

前立腺がんの原因は加齢などですが、 予防として、食習慣を見直す必要があります。 高温加熱で調理した肉、乳製品、揚げ物を多く食べている人は、 前立腺がんになる可能性が高いようです。

・・・つづきはこちら

ページの先頭へ戻る


提供エリア検索

*出店している都道府県の一覧です。選択すると、該当地域の情報が表示されます。



受付センター TEL:0120-028546

受付センター
受付時間 月~土 9:00~18:00


マイナビ2017