HOME > 見直したい高齢者の生活習慣 > 高齢者と栄養について考える

高齢者と栄養について考える

高齢者の3割は低栄養といわれる現代。
低栄養はガンなどの大病を引き起こす危険性もあり、自分で見直さないと改善できないものです。
低栄養の大きな原因には若い頃からの食習慣や、高齢者のみの孤食、
感覚機能の低下、咀嚼などがあげられます。
低栄養である場合、どのような対策をとるべきなのでしょうか。
病気や手術後、食事療法中や高齢者だけの暮らし、
一人暮らしの場合は特に低栄養になる可能性が強いと言われています。
買い物や料理が億劫で料理をせず、簡単な食事で済ませてしまうという高齢者もいます。
お粥も卵やほうれん草を加えるだけで簡単に栄養価アップできるので工夫をしてみましょう。
医師や栄養管理士に相談の上、栄養調整食品を活用することも有効的です。

高齢者の3割は低栄養といわれ、ガンなどの大病を引き起こす危険性もあります。低栄養の大きな原因には若い頃からの食習慣や、高齢者のみの孤食、感覚機能の低下、咀嚼などがあげられます。

・・・つづきはこちら

病気や手術後、高齢者だけの暮らし、一人暮らしの場合は低栄養になりやすいと言われます。お粥だけ食べるという高齢者もいますが、卵やほうれん草を加えるだけで簡単に栄養価がアップします。

・・・つづきはこちら

口腔乾燥症とは、口腔内の唾液の分泌量の低下により、口腔粘膜が乾燥する症状を指します。口腔内のネバネバ感、口臭、摂食障害、会話への影響を来す事もある高齢者に多い疾患です。

・・・つづきはこちら

味が薄くなった、味が全く感じられないなど、味覚に関して違和感を訴える高齢者は少なくありません。それは、味覚を感知する味蕾(みらい)という器官の数が加齢とともに減少するためです。

・・・つづきはこちら

一般的に「齢をとると、少食になる」とよく言われます。しかし、食欲不振になれば、十分な栄養の摂取が出来ず、体力が低下し病気にもなりやすくなり、高齢者の健康の上で良い影響はありません。

・・・つづきはこちら

腫れた感じやだるさや歩きにくさなどの不快感を与えるむくみ。医学的には浮腫(ふしゅ)と呼ばれるこの症状の原因は、血液循環の問題と考えられ、高齢者に良く見られる注意が必要な症状です。

・・・つづきはこちら

サルコぺニアとは、加齢に伴い筋肉が著しく萎縮していく老年症候群のひとつで高齢者の転倒や骨折、寝たきりの一番の原因となっています。高齢化が進む中、深刻な問題として捉えられています。

・・・つづきはこちら

齢を重ねると血管が老化し、硬くもろくなっていきます。これを一般的に動脈硬化と呼びます。動脈硬化が起こると血管弾性が低下し、内腔が狭くなり、血液がスムーズに流れづらくなっていきます。

・・・つづきはこちら

貧血には様々な種類があり、それぞれに原因や治療法も異なります。1日3回きちんと食事していて元気に見える高齢者でも栄養バランスの偏りによって貧血になる人が増加しています。

・・・つづきはこちら

高齢となると皮膚も薄くなりバリア機能も低下することで炎症を起こしやすくなります。また食も細くなり栄養不足になるため皮膚の健康をサポートする食品を意識して摂るようにしましょう。

・・・つづきはこちら

高齢者が栄養不足に陥る原因は加齢に伴い体力の低下や消化吸収能力の低下などさまざま。そのため、お年寄りに不足しがちな栄養素をしっかりと把握して摂ることが大切です。

・・・つづきはこちら

高齢者は消化・吸収力が衰えておりしっかりと食べているように見えても隠れた栄養不足に陥りがち。そのまま放置しておくと大変なリスクとなるため、数値を出して早期発見することが大切です。

・・・つづきはこちら

ページの先頭へ戻る


提供エリア検索

*出店している都道府県の一覧です。選択すると、該当地域の情報が表示されます。



受付センター TEL:0120-028546

受付センター
受付時間 月~土 9:00~18:00


マイナビ2017