HOME > 見直したい高齢者の生活習慣 > 高齢者の生理機能と栄養

高齢者の生理機能と栄養

腸内環境が乱れると、便秘、感染症にかかりやすい、など様々な体調不良を引き起こします。高齢者ほど、腸内環境の悪化には注意が必要です。腸内環境改善の一番の近道は食事の見直しです。

・・・つづきはこちら

免疫力が低下する一番の原因は加齢です。風邪やインフルエンザ、ノロウイルスやO-157大腸菌などの感染症も免疫力が低く体力にない、子供と高齢者がかかりやすい病気です。

・・・つづきはこちら

消化器系は加齢により、消化液の分泌が少なくなり、胃腸などのぜん動運動の低下、胃酸、胆汁、膵液、消化酵素の分泌低下が起こり、消化不良となり便秘になりやすくなります。

・・・つづきはこちら

高齢者は、加齢による機能や能力の低下から排便が困難となり、さらに尿漏れを気にして水分をとらず便秘になります。食生活の見直しや運動量を増やすなどの生活習慣の改善によって解消されます。

・・・つづきはこちら

骨密度が減ると骨粗鬆症になります。その原因一つは加齢です。さらに高齢者は活動量も低下するため骨粗鬆症が進んでしまいます。予防には、十分なカルシウムを摂ることが大切です。

・・・つづきはこちら

嚥下機能障害とは、食べることが出来なくなる障害です。口から食べることが難しくなり、肺炎や窒息が起こります。姿勢の訓練や、程度にあわせた食事によって、訓練していく必要があります。

・・・つづきはこちら

咀嚼力は、脳と体の健康に大きく影響します。かむ力が低下すると、栄養素を十分とることができなくなるのです。歯を失うことが原因ですので、歯をきれいにし、食材選びにも注意を払いましょう。

・・・つづきはこちら

高齢者の死因の一つは、誤嚥から引き起こされる肺炎です。予防に十分意識を払う必要があるでしょう。口腔内を清潔に保ち、細菌を繁殖させないことによって、予防することが可能です。

・・・つづきはこちら

胃食道逆流とは、胃酸が食道に逆流することです。食道内の粘膜が炎症を引き起こされます。食の欧米化が進んだことが、要因のひとつです。食べ過ぎず、生活習慣の改善によって予防できます。

・・・つづきはこちら

腸内環境が乱れると、便秘、感染症にかかりやすい、など様々な体調不良を引き起こします。高齢者ほど、腸内環境の悪化には注意が必要です。腸内環境改善の一番の近道は食事の見直しです。

・・・つづきはこちら

免疫力が低下する一番の原因は加齢です。風邪やインフルエンザ、ノロウイルスやO-157大腸菌などの感染症も免疫力が低く体力にない、子供と高齢者がかかりやすい病気です

・・・つづきはこちら

消化器系は加齢により、消化液の分泌が少なくなり、胃腸などのぜん動運動の低下、胃酸、胆汁、膵液、消化酵素の分泌低下が起こり、消化不良となり便秘になりやすくなります。

・・・つづきはこちら

骨密度が減ると骨粗鬆症になります。その原因一つは加齢です。さらに高齢者は活動量も低下するため骨粗鬆症が進んでしまいます。予防には、十分なカルシウムを摂ることが大切です。

・・・つづきはこちら

胃の粘膜に白血球が集まり、慢性的な炎症が起こっている状態を「慢性胃炎」といいます。この炎症が長期間続き胃粘膜の障害が進むと、胃の粘膜が薄くなり高齢者に多い「萎縮性胃炎」を招きます。

・・・つづきはこちら

胃や小腸・大腸などは、私たちが何かを食べた時、その食物を分解し、必要な栄養素を吸収する大切な消化器官です。これらの胃腸組織は、老化に伴い分泌される分泌液の絶対量が低下していきます。

・・・つづきはこちら

胃や小腸・大腸などは、私たちが何かを食べた時、その食物を分解し、必要な栄養素を吸収する大切な消化器官です。これらの胃腸組織は、老化に伴い分泌される分泌液の絶対量が低下していきます。

・・・つづきはこちら

閉塞性動脈硬化症とは、手や足の血管に慢性的に動脈硬化が起こる状態の事を指します。動脈硬化によって血流が悪くなったり、つまる事により循環障害が起こり、様々な症状が引き起こされます。

・・・つづきはこちら

吸収不良症候群とは、食品の栄養素が適切に吸収できない状態を指します。慢性的な下痢や栄養素の欠乏、急激な体重減少はこの吸収不良が疑われます。高齢者の場合、発見が難しくなります。

・・・つづきはこちら

私たちの身体は加齢にともない痩せにくくなっていきます。これは加齢とともに、呼吸や心臓を動かすなど生命維持のために必要な最低限のエネルギー量である基礎代謝量が低下していくからです。

・・・つづきはこちら

人は情報の80%を目から得ているといわれており、目の病気で視力が低下すると日常生活に大きな支障をきたします。高齢者が多く発症しがちな目の病気についてご紹介します。

・・・つづきはこちら

認知症の一種アルツハイマーなど脳の病気にはビタミンB群がおすすめといわれています。とくにビタミンB12は脳と神経にも効果的で脳の血流を上げる作用もあり注目されています。

・・・つづきはこちら

ページの先頭へ戻る


提供エリア検索

*出店している都道府県の一覧です。選択すると、該当地域の情報が表示されます。



受付センター TEL:0120-028546

受付センター
受付時間 月~土 9:00~18:00


マイナビ2017