まごころ弁当は、原材料にこだわり抜き、ご高齢者様向けに味付け、栄養バランスなどに配慮した美味しいお弁当を毎日、日替わり献立でお届けします。

FC加盟募集のご案内

TVCM全国放映!
30秒バージョンはこちら
5分バージョンはこちら

お知らせ

>> お知らせ情報一覧

開業資金をお貸しします!本部社員が自ら加盟するFCです!

開業資金をお貸しします!

私達は自らの配食事業ノウハウに強い自信を持っております。だからこそ業界唯一【本部がお金を貸すことも可能】です。詳しくはFC説明会、及びご契約後の開業準備打ち合わせの際にオーナー様のご状況をお伺いしながらの個別設計になりますがこの事業のためなら「オーナー様に開業資金をご融資する」事が出来る唯一の本部ですのでぜひご相談ください!

本部社員自らが加盟するFCです!

今まで12人が社内からFCオーナーとして独立しました。FC本部は常に「そんな良い事業ならなぜ自分でやらない?」という質問を受けていると思わなければいけません。今までの5年間で社内から12人がFC加盟店として独立開業を選んだ事実からどのFC本部が本当に信頼に足るのかが見えてくると思っています。

FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

高齢者向け配食サービスの市場性

  • 増える高齢者増える高齢者

    2014年には25%以上が高齢者

    総務省統計局が2005 年2 月に公表した日本の人口統計によると2004年10月1 日現在の65歳以上の高齢者人口は、過去最高の2,488 万人となり、総人口に占める割合(高齢化率)も19.5%に上昇してます。
    また、国立社会保障・人口問題研究所の人口推計によれば、高齢化率は、2014 年までに25%前後に達し、2040 年頃には、人口の3 分の1 が65 歳以上となると見込まれています。

  • 日本の人口推移
  • 今、求められる民間配食サービス今、求められる民間配食サービス

    市場拡大余地の大きい業界

    在宅食(健康食・治療食宅配サービス)の市場規模については、ここ数年は前年比10~20%程度の高い伸びで推移しているものとみられ、1999年度に168億円であった市場は、2006年度には425億円まで拡大しています。
    自治体のサービスは、従来のボランティアから業者委託へとシフトしているうえ、配食数自体も昼食のみから昼食+夕食の計2 食に、サービス日数も週に2~3 回から週に5~6 回のサービスへと移行しつつあり、今後はより一層の市場拡大が見込まれています。
    これに加え、今後高齢者の増加や、糖尿病患者や腎臓病患者、及びその予備軍の増加で食事療法を必要とする人々が増えていく事も市場拡大要因として考えられます。

  • 市場の規模
FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

まごころ弁当事業の特徴

まごころ弁当事業の特徴

まごころ弁当事業は時間と共に安定的に売上が積み上がるビジネスです。当初の売上規模こそ小さいですが、営業を掛けることにより増えていきます。肝心の商品力・原材料の仕入れ力は他チェーンの追随を許しません。

売上の推移

収益安定の理由

収益安定の理由

他社にはない科学的なセールスステップに基づく営業ノウハウをマニュアル化しました

今後20年間成長する、国内最後のマーケット

今後20年間成長する、国内最後のマーケット

増える高齢者、削られる公的サービス、求められる民間配食サービス

受注生産によるロスの削減

受注生産によるロスの削減

発注前に配達数が明確になっているためロスがほとんど出ない

他社チェーンを遥かに凌駕する商品力!

他社には存在しない、実践的な営業ノウハウ

同業他社の中で数年間の店長経験、現場経験のある社長は弊社だけです。

低コスト

低コスト

2等、3等立地での出店による開業資金の圧縮

2等、3等立地での出店による開業資金の圧縮

家賃・保証などの初期負担を徹底的に削減可能

中古品を有効活用した出店コストの低減

中古品を有効活用した出店コストの低減

中古厨房、バイクのレンタル・リースなどの有効活用による初期投資の削減

他社チェーンを遥かに凌駕する商品力!

他社チェーンを遥かに凌駕する商品力!

管理栄養士との共同メニュー開発

管理栄養士との共同メニュー開発

高齢者の身体にあったメニューコンテンツの開発

配食チェーンの中で唯一「冷凍食材主体」ではなく、「冷蔵食材主体」のチェーンです。

配食チェーンの中で唯一「冷凍食材主体」ではなく、「冷蔵食材主体」のチェーンです。

冷凍食材に比べ食感(特に野菜等)がまるで違います!

配食FC本部では日本初!自社工場を保有!

配食FC本部では日本初!自社工場を保有!

現場経験と製造物流への継続投資を地道に続けています。商品力向上のために「ここまでやる」会社は他にありません。

FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

フランチャイズパッケージ概要

フランチャイズパッケージ概要

●上記の金額に店舗取得料は含まれておりません。●配達用バイクはレンタルです。●厨房機器は、中古を活用する事によりかなり削減できます。全てイチから揃える場合は、概ね60万円〜90万円前後ですが本部からの融資制度が使えるので初期投資ゼロも可能です。●工事代も物件の状態によって0〜150万円程度と大きく異なります。いずれにしても本部融資もご検討可能です。

詳細はこちら

生活のリズムが一定です!

生活のリズムが一定です!

FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

よくあるご質問

「まごころ弁当」にはどのようなメニューがありますか?

一般のご高齢者様に向けた「普通食」/カロリー、塩分計算が必要な方に向けた「カロリー調整食」/たんぱく質の摂取計算が必要な方に向けた「低たんぱく食」/嚥下困難な方に向けた「ムース食」
 
以上4種類のメニューを用意しております。
更に月に2回の丼メニュー、カレー等。
年に数回のイベント食等豊富に取りそろえております。

今後競合が増えてきたときの差別化は?

現在の市場環境は良好です、業界全体、どの会社でも伸びる状況下にあります。
しかし将来的には「味」「価格」「サービス」での差別化をしなければうまくいきません。
弊社では、これについて奇策はないと考えています。
正攻法(店舗数を背景にした、仕入れ力。管理栄養士、工場への投資(レベルアップ)品質、営業ノウハウの研磨)をやりぬくだけだと考えています。

標準となる坪数はどのくらいですか?

7坪〜10坪。開業時は最低で6坪程度でも始められますが、食数の増加を視野に入れると、作業スペースの確保からそれ以上の店舗をお勧めしております。

食材・備品等はすべて本部から供給されますか?

その通りです。厳正な本部基準をクリアしたもののみ、供給されます。

資金調達に関するアドバイスも行って頂けるのですか?

もちろんです。創業支援融資制度、リース活用等も必要に応じてご相談にのります。

資料請求後にご参加頂く説明会では、更に色々な質問にお答えさせて頂いております。

FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

オープンまでの流れ

店舗オープンまでしっかりとサポート致します

FC加盟説明会参加の交通費、全額支給!説明会予約はこちらから※首都圏限定

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集についてのご相談はこちら

FC加盟募集資料請求はこちら

お弁当に、まごころを込めて

お弁当に、まごころを込めて

まごころ弁当の開業を検討されている方々に、ご挨拶をさせて頂きます。

介護保険制度が始まると同時期に、私たちはご高齢者様向けの配食サービスの仕事を始めました。
以来何年も、雨の日も風の日も毎日自分でバイクを運転して、お客様にお弁当をお渡しして来ました。

「あの方は玄関から配るのではなく、向かって左側の窓を叩いてお弁当を渡す」
「あの道は大通りまで行かずに、直前で左に曲がった方が早い」
「あのメニューはこぼれやすいので、出た日はバイクも慎重に運転する」

ご自宅で倒れている方を発見して救急車を呼んだ事があります。
ケアマネさん達に、どうやって配食サービスの素晴らしさを伝えれば良いのか、頭を悩ませた事もあります。どうやったらもっと早く、美しく盛付が出来るのか、毎日やり方を工夫した事もあります。

私自身、ずっと1人の店長としてこの事業に関わってきました。

私自身、ずっと1人の店長としてこの事業に関わってきました。

今でも個人的な配食サービスの現場経験なら、他の誰にも負けないつもりです。
でも、全国のご高齢者様にお弁当を配る為には、私1人だけでは到底足りません。
私1人だけでは1店舗しか経営出来ません。
私の教え子の従業員だけでも、その数だけしか経営出来ません。

私や、従業員の数の限界を超えてどうやって全国のご高齢者様に喜んでもらおうか。
考えた末に、フランチャイズという仕組みを使い全国にまごころ弁当事業を広めることを決意しました。

私たちは『まごころ弁当』チェーンです。
私たちの現場経験をあなたにお教え致します。
あなたも『まごころ弁当』の一員として、一緒にご高齢者様の幸せと『ありがとう』の為に頑張ってみませんか?

代表取締役 清水貴久